【TDG2015】トルデジアン2015、日本からは81名がプレエントリー!

先日の投稿に引き続き、ただただトルデジアン2015の情報を垂れ流していこうと思います。
まだ間に合う、Tor des Geants2015(トルデジアン2015)のプレエントリー方法のまとめ

2月14日にプレエントリーを締め切ったTDGですが、早速プレエントリーリストがHPに掲載されていました。
10533851_707929499255628_5890440201537694457_o

世界60カ国、計2303人の山変態が応募しており、われらがジパングからは81名※がエントリーしています。
これは地元イタリア、フランス、スペインに次ぐ人数です。
※2/15現在、リストからは男性60名、女性20名の計80名しか確認できませんでした。

ついでにリストの見方を簡単にご紹介。
トルデジアンの公式HPから赤のボタン「Pre-inscription List」を選択します。
TDG1-1
プレエントリーでお馴染みの100×100Trailのページに飛ぶので、あとはリストを見るだけです。
上部にアルファベット順(姓)でソートされたリストが、
TDG1-2
下部に国ごとのエントリー者数が掲載されています。
ちなみに国を選択するとその国からのエントリー者のリストが別途見れますので、日本人のエントリーはこちらでご確認ください。
TDG1-3

で、このプレエントリーリストからさらに抽選でこの祭典に参加する栄誉を得られます。
抽選方法は前の記事でも書きましたが、
700名の抽選枠の振り分けとして、
・イタリア(うち1/3はアオスタ自治州)で最大40%
・その他の国籍枠で最大60%
となっています。
主催者が選ぶワイルドカード枠もありますが、一般ランナーには全く関係ないので今回は割愛です。

さて、今回のプレエントリーの国別割合に見ると、
イタリアが48.9%、その他の国籍で51.1%となり、今回はイタリア枠が最大の40%を獲得することになるかと。
そこで残りの60%、420名の抽選枠を外国勢で按分します。
外国籍1177名のうち日本からは81名、外国勢の6.9%が日本からのプレエントリーになります。
TDGプレエントリー
つまり外国籍枠420名×6.9%=28.9名ということで、日本人枠は最大29名前後といったところでしょうか。
ただし各国最低枠が2名という話もあったりなかったりしますので、参考程度にお考え下さい。
しかし倍率3倍弱ということは昨年のUTMBよりも倍率が高いんですね。
気になる当選は遅くても2月28日までにメールで通知されます。
結果が分かるまでは日ごろの行いを改めて首を長くしてメールを待ちましょう。
そして今年はプレエントリーすらしなかった方、今後ますます人気が出ると思われるTDG、倍率はさらに高くなるかもしれません。
いつかは出たいとか悠長なことを言わずに来年あたり狙ってみてはいかがでしょうか。
12521_715571588491419_6004652673612038112_n


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA